ピザ作りの休日

我が家は家族全員イタリアンが大好きなので、家でよくパスタやピザを作ります。

今日は時間があったので、ピザ生地から手作りしようということになりました。

ベーキングパウダーをきらしていたので、クリスピーピザにしました。

キノコが美味しい季節なので、キノコとツナのピザとシンプルにマルゲリータを焼きました。

生地がカリカリでとても美味しかったです。

パスタはあさりとホタテのトマトソース、メインはタラと海老のアクアパッツァを作りました。

ピザ生地以外は1時間もかかることなく簡単に作れたので、具材をアレンジしながら我が家の定番メニューにしようと思います。

私はレジャーランドを利用する時、夕方から利用するのが、一番良いと思っています。

そう思うのは、なんといってもその利用料金が安いということにあります。

また、レジャーランドは楽しいのですが、長く歩くことによって、疲れることもあるのです。そんな時、夕方からいくことによって、疲れを感じることなく、楽しむことができます。しかも、とても安くなるので、良いことばかりだと思っているのです。

また夜になると、その雰囲気が良いので、その雰囲気や空気感を感じることができます。そして夜のジャッとコースターなども、違った感覚で乗ることができるので、その点でも良いと思っています。

ところで、最近友達がデミオを買うと言い出しました。私は値引きについてはちょっとうるさいので、デミオの値引き交渉方法についてこんこんと朝まで話ました。友達はフラフラになっていましたが、これで何十万円もオトクになるんだからと説得して最終的に7時くらいまで語り明かしました。

あとで友達が言うには、いいサイト見つけた、お前の話が全部書いてあってあの朝まで起きたのは時間の無駄だったと怒られましたw

それがこのサイトらしいです。なんや!デミオ値引きについて全部書いてあるやんけ!

セールスマンから契約を迫られたときは

ほとんどの人はこのときに「そういうことなら」となってしまうでしょう。けれども、このとおり初回の商談ですぐにマツダCX-5を契約を結ぶことは禁物なのです。

もしこのようにセールスマンから「今日のみ」と迫られたときは、「まだ決めるわけにはいきません。その条件のみならばやめておきます」と言うようにして逃げるといいのです。お店の販売員が一番初めに提示してくる値引き額は、通常の場合平均クラスの金額です。

万一「駆け引きはしない主義なので、最初からマツダCX-5の値引き額を限度額にします」などと言ってきたと想定します。
日本中の色々な場所の自動車販売店では、決算などといった商戦に機会を合わせて週末や休日に見本市を開いています。

これを動機に商談を開始するのが値引き効果が大きいようです。

しかしながらそれは、せいぜいちょっといい程度。
その場でこちらが不満顔をすると、「マツダCX-5購入のご予算はいくらぐらいをお考えですか?」と様子を見てくると思います。

このときに明確に予算を言うのはよくありません。
CX-5をいかにして値引きするか

MTは操作が面倒だが運転の本質が楽しめる

エンジンの回転をギヤによって変速して伝えるのが「トランスミッション」です。強い力が得られるローギアから高回転が得られるトップギアまでいくつかのギア比(減速比)が用意され、上手に切り替えることで停止→加速→減速をコントロールできます。

このギア比を手動で切り替えるものがMT(マニュアルトランスミッション)です。MTの内部には、2本~3本のシャフトが配置されており複数のギアが組み込まれています。セットとなるギアは常に噛み合っており、もう片方のギヤはシャフトのまわりを空回りしています。そして、どのギアをシャフトとともに回るようにするかはユーザーが手動で選び、使用するギアを切り替えます。

ところが、ギアは常に回転しています。そのままでは歯が当たってしまうので、クラッチで動力をシャットアウトします。

クラッチは普段は回転する2枚の板(円盤)を密着することで力を伝えていますが、切り離すと力を遮断できます。エンジンのクランクシャフトについているフライホイールに、トランスミッションのクラッチディスクをスプリングで押しつけて力を伝達します。そこでクラッチペダルが踏まれると、クラッチディスクがフライホイールから離れ、動力が遮断されるからくりになっています。よく「半クラッチ」といいますが、これはクラッチディスクが引き離される寸前ですべっている状態となります。

MTは操作がめんどうなため、シェアはATにとってかわられてしまいました。しかし、ドライバーが自分の意思でギア比を選べるため、自由度は高くなります。構造上のロスが少なく効率がいいため、上手に操ることができれば燃費の向上にもつながるはずです。

ウルトラスペースってなんだ

ダイハツの公式サイトを見ると、「ウルトラスペース」という項目があります。これはダイハツがかつてモーターショーでコンセプトカーとして発表した「デカデカ」の販売バージョンとなり、車名はウェイクに決定したようです。2014年11月10日発売となっています。

ウェイクの詳細はまだ不明ですが、デカデカのスペックを踏襲しており、車高が180センチを超える巨大軽自動車となっているようです。ワゴンRなどもかなり背の高さがありますが、それを20センチ程度上回る高さということで、まさにハイトワゴンといえるつくりになっています。

背が高いと気になるのが空気抵抗です。加速に影響があるほか、燃費も落ちるのが一般的ですが、ウェイクの場合は燃費25km/リットルを達成する見込みとなっており、かなりの低燃費となります。昨今軽自動車といえば30km/リットル程度の燃費性能が当たり前となっているのでちょっと物足りなく思えますが、車高の高さを考えると妥当なのではないでしょうか。

また加速についても、各所にピラーが設置されており対策は練られているようです。

気になる価格は130万円~と予想されており、タントとそれほど変わらない価格帯となりそうです。タントよりも大きいのですから、レジャー使用を考えている人にとっては選択肢が広がって車選びの楽しさが増すことでしょう。

近年軽自動車は税金の安さなどから人気が広がっており、ハスラーなどのヒット商品も新たに生まれています。そう考えるとウェイクもまたヒット商品の仲間入りを果たすのではないでしょうか。

値引きについても気になりますが、しばらくは一律数万円の値引きとなるでしょう。これは新車種・新発売の宿命でもあるので仕方ありません。とりあえずしばらくは値引きについては様子見した方がよいでしょう

赤ちゃんの名前の読み方はなんでもいい

名前に使用できる文字には若干の制限があります。しかし、漢字の読み方は自由です。音読み訓読みはもちろんですが、名乗り読みも認可されます。名乗り読みとは、例えば「美」を「きよし」と呼んだりする、古来から名前のみに使われてきた読み方のことです。もし使用したい場合は、漢和辞典で調べておきましょう。

法律上は、まったく関係ない読み方も認められます。たとえば、「太郎」を「あきら」と読んだりしてもいいわけです。ただ、実際にそう読める人は全くいないので、子供は生涯いちいち説明しなければならなくなります。名前を記入する際も、毎度毎度ふりがなをふらなければならず、かなり不便な人生となってしまうでしょう。進学・就職にも相当な悪影響が考えられます。

みんなと同じ名前はイヤ、という理由で無関係な読み方をつけたいのもわかりますが、キテレツな名前は子供の人生を狂わせかねません。せいぜい、名乗り読みを利用する程度が無難なのではないでしょうか。

子供の名前を付ける

mama

赤ちゃんが生まれた両親にとって最初の大仕事が「名前を付ける」ことです。命名は子供の人生を左右しかねないことなので、しっかり考えて悩んであげてください。

よくあるのが親せきや仲人などにつけてもらう方法です。自分から尊敬する人にお願いすることも多いと思いますが、親戚などの勧めを無視できない場合もあるでしょう。

しかし、最終的に名前を決定するのは両親です。誰かに名づけ親を買って出られた場合は、いくつかある候補のひとつとしてとらえ、そこから選択するようにするとよいでしょう。

あるいは、名付け親にいくつか候補を出してもらい、そこから選ぶというのも手です。候補から選択することで、自分たちも命名に関わったという事実が残り、誰も傷つかないで済みます。

友人知人が出産した場合のお祝い

親戚ではなく、知人・友人が出産した場合のお祝いは、あまり相手が重く感じないものを贈るようにしましょう。たとえばおもちゃやアルバムなどであれば、相手に気持ちが伝わるはずです。服を贈る場合は、生まれてから半年~1年程度の間に着られるものが喜ばれます。

会社の同僚などの場合は、3000円から5000円程度を包むのが無難でしょう。相手とプライベートでもつきあいがあるなら、欲しいものを聞いて贈るという手もありますが、仕事での付き合いだけならお金を贈るだけでも十分です。

出産後はいろいろな赤ちゃん用品を購入しなければならず、意外とお金がかかるものです。なので、哺乳瓶や離乳食セット、ベビーバスなどの実用品が喜ばれます。初産の場合は両親ともに出産後に何が必要なのかわからないので、出産直後に必要そうなものを贈ってあげましょう。

親や親せきが送る出産祝い

baby01

赤ちゃんが誕生したときに、パパとママには出産祝いが送られます。出産祝いは相手への立ち位置によって送るものが若干異なります。

親や親族からの場合は、若干豪華なお祝いをするのがふつうです。母方の実家などは、赤ちゃん用の寝具(布団や産着、ベビードレスなど)を送る場合が多いようです。

父方の実家からは、現金を贈ることが多いです。母方の実家が贈ったものを考慮して、3万~10万程度の金額を、きりの良い金額で贈答します。地方によっては現金でないほうがよいとされる場合があるので、ベビー家具など母方のプレゼントと重複しないものを贈ります。

兄弟姉妹からは、共同で高価なものを購入するとよいでしょう。そうすれば、祖父母の金額的負担を少しやわらげることができます。

赤ちゃんの両親の家が狭い場合は、大きな家具は邪魔になる可能性があります。そんなときは、相手の希望を聞いてほしいものをあげればよいでしょう。

その他の親戚は、数千円~1万円程度を包んだり、同程度の品物を贈ると無難です。