赤ちゃんの名前の読み方はなんでもいい

名前に使用できる文字には若干の制限があります。しかし、漢字の読み方は自由です。音読み訓読みはもちろんですが、名乗り読みも認可されます。名乗り読みとは、例えば「美」を「きよし」と呼んだりする、古来から名前のみに使われてきた読み方のことです。もし使用したい場合は、漢和辞典で調べておきましょう。

法律上は、まったく関係ない読み方も認められます。たとえば、「太郎」を「あきら」と読んだりしてもいいわけです。ただ、実際にそう読める人は全くいないので、子供は生涯いちいち説明しなければならなくなります。名前を記入する際も、毎度毎度ふりがなをふらなければならず、かなり不便な人生となってしまうでしょう。進学・就職にも相当な悪影響が考えられます。

みんなと同じ名前はイヤ、という理由で無関係な読み方をつけたいのもわかりますが、キテレツな名前は子供の人生を狂わせかねません。せいぜい、名乗り読みを利用する程度が無難なのではないでしょうか。