MTは操作が面倒だが運転の本質が楽しめる

エンジンの回転をギヤによって変速して伝えるのが「トランスミッション」です。強い力が得られるローギアから高回転が得られるトップギアまでいくつかのギア比(減速比)が用意され、上手に切り替えることで停止→加速→減速をコントロールできます。

このギア比を手動で切り替えるものがMT(マニュアルトランスミッション)です。MTの内部には、2本~3本のシャフトが配置されており複数のギアが組み込まれています。セットとなるギアは常に噛み合っており、もう片方のギヤはシャフトのまわりを空回りしています。そして、どのギアをシャフトとともに回るようにするかはユーザーが手動で選び、使用するギアを切り替えます。

ところが、ギアは常に回転しています。そのままでは歯が当たってしまうので、クラッチで動力をシャットアウトします。

クラッチは普段は回転する2枚の板(円盤)を密着することで力を伝えていますが、切り離すと力を遮断できます。エンジンのクランクシャフトについているフライホイールに、トランスミッションのクラッチディスクをスプリングで押しつけて力を伝達します。そこでクラッチペダルが踏まれると、クラッチディスクがフライホイールから離れ、動力が遮断されるからくりになっています。よく「半クラッチ」といいますが、これはクラッチディスクが引き離される寸前ですべっている状態となります。

MTは操作がめんどうなため、シェアはATにとってかわられてしまいました。しかし、ドライバーが自分の意思でギア比を選べるため、自由度は高くなります。構造上のロスが少なく効率がいいため、上手に操ることができれば燃費の向上にもつながるはずです。